男性

無視できないつらい痒み

男女

南京虫による主な被害は、やはり体に現れる痒みでしょう。ベッドやソファーなどに潜む小さなノミやダニは、刺されることで強い痒みをもたらす虫としても有名です。しかしこれらの虫に刺されるよりも、南京虫の痒みは強烈なものとなります。一度目に刺された時はそれほど痒みを感じないものの、二度三度と刺されることで強いアレルギー反応が現れるようになるので、ノミやダニとは比較にならないほどの痒みが生じるようになるのです。人によっては激しいアレルギー反応により、数週間にわたって肌の表面に赤い腫れが現れるので、見た目の悪さから女性などは特に注意が必要となるでしょう。長く痒みが続くことから、被害が深刻な家ですと睡眠障害などに見舞われることもあります。アレルギー症状によりリンパ腺の炎症などの病状も現れるようになります。そのため、もしも家族の中に刺されたと思われる人がいるならば、単純な虫刺されとして考えるのではなく、速やかに南京虫駆除を行なう専門の会社に依頼しましょう。

ダニやノミのほか、南京虫駆除用の薬剤というものは市販されているものです。多くが潜んでいると思われるベッドやソファーに噴霧することで殺虫することはできます。しかし、南京虫の中にはこれらの薬剤に耐性がある種も存在するので、殺虫剤を使ったからといって確実に死滅させることができるとは限りません。また、南京虫は夜行性なので日頃は光の届かない影に潜んでいます。太陽光や照明の光が当たる場所にはいないので、殺虫剤を光の当たる表面部分に噴射しても効果は現れにくいのです。南京虫駆除を行なう会社は、薬剤耐性のある種にも高い効果をもたらす最新の殺虫剤を使い、しっかりと殺虫してくれます。長年の経験から多く潜んでいる箇所も知っているので、効果の高い殺虫剤を効率よく使用し、しっかりと南京虫駆除を行なってくれるでしょう。